フォレストバンク事業部

マルサ工業社長もとかつBlog

ホーム > フォレストバンク事業部

ブログ

  1. IMGP1614

    「黒い森のケーキ“シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ”」マルサ工業(フォレストバンク)ドイツ研修2018/06話

    「黒い森のケーキ“シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ”」マルサ工業(フォレストバンク)ドイツ研修2018/06話 シュバルツバルト地方で伝統的に食べられているケーキ#SchwarzwälderKirschtorte (シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ)日本名:黒い森のサクランボケーキです。 「デカさ」と「アルコール」の破壊力が半端ないww

  2. IMGP1587

    「特別講義 “木の香りと健康”」マルサ工業(フォレストバンク)ドイツ研修2018/05話

    「特別講義 “木の香りと健康”」マルサ工業(フォレストバンク)ドイツ研修2018/05話 今回も、ドイツ研修に参加してくださった、東京大学名誉教授で木の成分のプロフェッショナルである谷田貝先生に特別講義をお願いしました。これまではバスの中での講義でしたが、今回はガストフにお願いして会場を貸してもらい開催しました。 木の成分や、もみの木の効果、等々…活きた濃い情報を沢山いただきました。本当にありがとうございます! やはりバスの中より、このスタイルが良いですね(´∀ `)

  3. IMGP1556

    「GROSSVATER TANNE~お爺ちゃんモミ~に会いに」マルサ工業(フォレストバンク)ドイツ研修2018/04話

    「GROSSVATER TANNE~お爺ちゃんモミ~に会いに」マルサ工業(フォレストバンク)ドイツ研修2018/04話 2018年12月3日 もみの木の製材工場を後にし、ドイツ南西部の黒い森・シュバルツバルトで最も大きなもみの木「GROSSVATER TANNE(お爺ちゃんモミ)」に会いに。 まだまだ大きくなっていくんだろうなぁ(´∀ `)

  4. IMGP1325

    「もみの木の製材工場見学」マルサ工業(フォレストバンク)ドイツ研修2018/03話

    「もみの木の製材工場見学」マルサ工業(フォレストバンク)ドイツ研修2018/03話 2018年12月3日 ドイツ版“道の駅”での食事を済まし、午後はシュバルツバルト(黒い森)の中にある、モミの木を主体に製材・加工をしている会社を見学させてもらいました。 工場内は製材所とは思えない清潔感、本当に勉強になります。もみの木の丸太がどんどん製品に近い形になっていくのを見学するのは、皆さんにとっても勉強になったようです(´∀ `)

  5. imgp0166

    木を選ぶとき何を聞いたらいいの?第1回「乾燥方法」

    木を選ぶとき何を聞いたらいいの?第1回「乾燥方法」 「木の種類」や「産地」よりも、「加工方法」を聞きましょう(´∀ `)

  6. IMGP4106

    もみの木の家に住むネコ ② 鹿児島県「ギャロ」

    もみの木の家に住むネコ ② 鹿児島県「ギャロ」 築6年目になる、もみの木の家。そう…我が家のネコです(´∀`) 気分によって人を楽しませたり噛み付いたりする、ナカナカなヤツです。何故か小さい子は噛みませんw

  7. IMG_20190125_133213_097

    もみの木の家に住むネコ ①

    もみの木の家に住むネコ ① 新シリーズです。もみの木の家で過ごすネコたちを撮ってはあげて行きます(´∀`)

  8. IMGP1288

    「ドイツ版‘’道の駅‘’でランチ」マルサ工業(フォレストバンク)ドイツ研修2018/02話

    「ドイツ版‘’道の駅‘’でランチ」マルサ工業(フォレストバンク)ドイツ研修2018/02話 ドイツ版“道の駅”とでもいうような店の中は、地元の物産で沢山。レイアウトもとてもきれいでした。皆さんも楽しそうに店内をうろうろ…いろいろ購入されてたみたいです(´∀ `)

  9. IMGP4445

    「ドイツ研修スタート」マルサ工業(フォレストバンク)ドイツ研修2018/01話

    「ドイツ研修スタート」マルサ工業(フォレストバンク)ドイツ研修2018/01話 2018年12月2・3日 年に一度、弊社マルサ工業が主催している「ドイツ研修」に今年も行ってまいりました。 これから複数回に分けて、研修の様子をアップしていきます(´∀ `)

  10. IMGP3883

    「ドイツ研修2018」今年も開催します!

    「ドイツ研修2018」今年も開催します! 今年も、マルサ工業主催の「ドイツ研修」を開催することになりました。 「この製品は○○製」だけでは家を建てる皆さんに失礼。「この製品の原材料は○○を使い△△産で…」と物語もお客さんに伝えたい。 そんな気持ちの皆さんに参加していただいています(´∀ `)

ページ上部へ戻る