思うこと

マルサ工業社長もとかつBlog

ホーム > 思うこと

ブログ

  1. IMGP4076

    樅の木の花言葉「正直・誠実」

    樅の木には花言葉があります。「時間」・「昇進」・「高尚」・「永遠」などなど。すべての花言葉が、樅の木にピッタリなんですが、その中でも「正直・誠実」というのが一番好きです。

  2. IMG_20190411_235701_141

    もみの木の家訪問〜兵庫のリフォームのおうち001〜

    もみの木の家見学〜兵庫のリフォームのおうち〜 もみの木の内装材を造っていて本当に嬉しいのは、住んだ方からの喜びとお褒めの声。 とても温かい気持ちになりました(´∀`)

  3. IMGP1614

    「黒い森のケーキ“シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ”」マルサ工業(フォレストバンク)ドイツ研修2018/06話

    「黒い森のケーキ“シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ”」マルサ工業(フォレストバンク)ドイツ研修2018/06話 シュバルツバルト地方で伝統的に食べられているケーキ#SchwarzwälderKirschtorte (シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ)日本名:黒い森のサクランボケーキです。 「デカさ」と「アルコール」の破壊力が半端ないww

  4. P1030676[1]

    ブログ再開いたします(今年3度目です…)

    ちゃんと反省しております…ご無沙汰しております。ここ4ヶ月ほどブログを更新していませんでした。申し訳ありません…皆さんお分かりの通り…はい、ただただサボってしまっていた(´∀ `;)今年3度目のブログ再開。

  5. IMGP1964

    我が家の大切な大黒柱(我が家の家創りと考え方)

    我が家の大切な大黒柱(我が家の家創りと考え方) 縁があって我が家に来ることになったこの柱…棟梁が粋な計らいで、自分と妻とで磨かせていただいた想い出深い柱。 最近の新築ではナカナカお目にかからなくなった大黒柱。自分は好きです(´∀ `)

  6. IMGP0013

    ダイニングルームはありません(我が家の家創りと考え方)

    ダイニングルームはありません(我が家の家創りと考え方) 「“あるのが当たり前”と思っている間取りや設備は、それぞれのライフスタイルで変わる」ということだと思います(´∀ `) 床に直接座りでいただきます。 モミの木の床なので、ベトベトしない・硬くないので長時間座りやすいです。それと意外と片付けやこぼしたモノの掃除も楽です(´∀ `) これが正解というわけではないですが、こんな考え方もあるんだなぁ~と、参考になれば是非(´∀ `)ノ

  7. IMGP4076

    樅の木の花言葉「正直・誠実」

    樅の木の花言葉「正直・誠実」 父と調べていて、この言葉を見つけた時、顔を合わせて興奮したことを今でも鮮明に覚えています。 そういうこともあり「正直・誠実」は弊社の製品造りの基本理念にしています。 どんな考え方があっても良いし自由だと思う。ただ、自分たちの造る製品に携わる皆さんには、勝手ながら「正直・誠実」を求めています。 「青い」だの「甘い」だの言われようが、これだけは変えません。 私も「正直・誠実」を常に100%体現出来ているわけではありませんが、目指さない限り出来ないからね(´∀ `;)

  8. IMGP3417

    樅の木の内装材のこと。マルサ工業(フォレストバンク)よりの大切なお話です。(再アップ)

    樅の木の内装材のこと。マルサ工業(フォレストバンク)よりの大切なお話です。(再アップ) 先日お客様から質問を頂いたことについて少しお説明させてもらいます。 質問内容は「○○社でモミの木の床材を勧められたのですが、マルサ工業ではカナダモミの製品を現在造っていますか?」 お答えします。1年ほど前までOEM製品として製造していましたが、現在はカナダモミを使用した床材は一切製造しておりません。 今回は、前に書いた内容の記事を、もう一度アップさせてもらいます。

  9. 004リビング24

    「樅の木の家(もみのきのいえ)」の定義

    「樅の木の家(“もみの木の家”・“モミの木の家”含む)」の定義 樅の木の製品の持つ性質や性能を活かすための適性量を理解した上で使用しなければ、ハッキリ言って「使わないよりマシ」という結果になりかねません。 この話は樅の木だけに言えることではなく、あらゆる製品に言えることだと思いますので、“適性な使用量”をご理解の上で製品選定することをお勧めします。

  10. 040手入れ03

    どんなに良いモノでもメンテナンスは必要

    どんなに良いモノでもメンテナンスは必要 自分の考えですが、「メンテナンスフリー」などというモノはこの世には存在しないと思っています。 “メンテナンスしなくて良いモノ”ではなく“メンテナンスしやすいモノ・し続けられるもの”が「良いモノ」と考える方と多く出会えると嬉しいです(´∀ `) 購入時・選定時には、こだわりや想いをもって決めた製品…出来るだけ良い状態を保つため・より良くしていくためにも、掃除はモチロン・手入れをしていくことをお勧めします(´∀ `)ノ

ページ上部へ戻る